最新情報

省力型3次元電気探査が標準化推進技術に指定されました。

 国土交通省関東地方整備局では、企業間連携"X-Tech"(クロステクノロジー)を実装するため、 主に建設分野以外の最新技術(IoT、ロボット、AI等)を建設現場に取り入れることを目的として、 平成30年度から、新技術導入に向けた「現場ニーズと技術シーズのマッチング」を行っております。 マッチングの技術は、実用化されていない技術等を対象としており、この度、8技術について現場試行が行われ、 当社の「省力型3次元電気探査」は、「A:従来技術より極めて優れる」と評価され、標準化推進技術に指定されました。

「現場ニーズと技術シーズのマッチング」現場試行結果通知書

令和4年8月 「現場ニーズと技術シーズのマッチング」現場試行結果通知書

省力型3次元電気探査の現場試行

省力型3次元電気探査の現場試行 省力型3次元電気探査の現場試行

これに伴い、標準化推進技術に指定された企業に進呈される、「i-Conバッジ(銅)」を頂きました。

令和4年8月 「i-Conバッジ(銅)」を頂きました 。

参考サイト:国土交通省関東地方整備局 技術情報ページ

本技術を国土交通省と共に標準化を進めるとともに、引き続き技術の向上に努めて参ります。

 

スターリングエンジン

会社概要

業務案内

地質・土質調査業務

土木設計業務

環境関連業務

測量業務

測量業務

計測管理業務

業務実績

採用情報

リンク集

各種カタログ

お問い合わせ

チャレンジ25

ページの先頭へ